かけいぼまなさん

できるだけシンプルでわかりやすい、家計管理を模索中・・・

家族について(H30/4ver)

<義両親>敷地内別居 

義父(要介護5):82歳 施設入所中

高度認知症 下肢に拘縮あり、寝たきり

白内障、難聴、前立腺がん、慢性硬膜下血腫の既往あり

H25/12/28~H26/6/4 譫妄と肺炎で精神科入院 

H26/2~尿閉のため留置カテーテル

H26/6/4 特養入所

H26/6/25~7/8 敗血症で入院(C病院)3日間はICU 危篤状態

7/8 退院 特養へ戻る

8/20 有料老人ホームへお引越しの夜、高熱が出て救急搬送→入院(C病院)

8/21 褥瘡の状態がひどいので、形成外科のある総合病院へ転院

「壊死性筋膜炎」と診断され、再度生命の危機

9/1 急性症状は落ち着いたとの判断で、C病院へ再転院

9/25 療養病床への転棟を見越して、自宅近くのH病院へ転院

12/13 同院内の療養病床へ転床

H27/1 留置カテーテル抜去

H27/8 褥瘡治癒、同院内の老健に入所

H27/10 陰部潰瘍のため、再度留置カテーテル処置となる

※家族の独断で3種類の乳酸菌とルミンAを与えている。

【第3類医薬品】細胞賦活用薬 ルミンA-100γ PB 60錠

新品価格
¥3,780から
(2015/3/30 09:41時点)

 義母(要介護2):81歳 在宅

腰椎すべり症と変形性膝関節症で歩行困難

高血圧、高脂血症逆流性食道炎

デイサービスを週1回利用 通院ペースは月1回・タクシー利用。

ピロリ菌の除菌のために服薬したものの、除菌できず。

H27/7 歩行困難と短期記憶の減退が急激に進行し、2階級特進で要介護2に。

H27/11 神経内科受診。レビー小体型認知症の可能性が高いと診断される。

H28~ 副作用で胃腸障害が強く出るため、主治医との相談の結果、服薬中止。

買い物は移動スーパーを利用。

夕方~夜にかけてかなりリアルな幻覚(疾患の特性)が見えるらしい。

数十年前に亡くなった義母の両親、施設入所中の義父が「居るのだ」と主張する。

話していたのに急にいなくなったけどそっちに来ていないか、と毎日電話をしてくる。

 

家<実両親>

徒歩5分の近距離別居

実父(要介護3):84歳 入院中

水俣病認知症、糖尿病、脊柱管狭窄症

心筋梗塞脳梗塞前立腺がんの既往あり

在宅時はデイケア週2回、デイサービス週1回、ショートステイ月2回、ヘルパー利用。

公的サービスをフル活用。

2014年末、自費にて「肺炎球菌ワクチン」接種。

2014/12、左膝の痛みを強く訴える。

2014年年末、軽いてんかん発作を起こす。

食事時のムセの回数が増えてきた。

2015/1/15、夜のトイレの際に転倒し、後頭部を負傷。

2015/7、本家を継いでいた兄が亡くなったため、発病以来初めて鹿児島に帰省。

岡山~鹿児島間は新幹線で3時間ちょっと。長崎から行くより時間的には早かった。

帰路、「帰れるのはもう最期かも知れん・・・」と呟く。

2017/5 実母の入院に伴い在宅介護が不可能になり、施設入所。

2017/10 不穏が強くなり、併設の病院に入院。

2018/2 腰椎圧迫骨折(原因不明)

2018/3 誤嚥性肺炎

2018/4 部分入れ歯を誤飲し、緊急手術。

幸い術後の経過は良いので、今週退院の予定。

 

実母(要介護2):80歳 在宅

軽度認知症、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、高血圧、坐骨神経痛

軽度糖尿病に関してはやや改善傾向のため、ここ数ヶ月は服薬なし。

白内障による視力障害→2015年6~7月にかけて両目とも手術→一旦視力回復。

しかし2017/7の検査で左目失明・右目視野狭窄が判明し、視覚障害となる。

右耳失聴(若い時から)

H26年末、自費にて「肺炎球菌ワクチン」接種。

H26/12より、右手人差し指~薬指の3本が腱鞘炎で痛みが酷く、

家事などの日常生活に支障が出始める。

H27.1.1より要介護1認定。

H27/2に左手の 手根管症候群を手術。H28/2に右手腱鞘炎を手術。

指に力が入らないとの訴えはあるが、しびれに関しては改善とのこと。

H27/2/22、喜寿のお祝いを家族で開催。 

区分変更申請により要介護2に

現在はデイサービス週2回、デイケア週1回、訪問リハビリ週1回、介護ヘルパー週3回。